葬儀にふさわしい装いとは

親しい人や親族、さらには職場の人が亡くなるというのは、とてもつらいものです。亡くなった人と最後のお別れとして、葬儀に参加したいと思うことでしょう。しかしその際に、ふさわしい装いをして参列する必要があります。では、葬儀にふさわしい装いとはどのようなものでしょうか。

まずは、服装です。ふさわしい服装としては、やはり黒い服もしくは着物が基本でしょう。では、黒だとなんでもいいのでしょうか。いいえ、男性であれば黒のスーツ、そして女性であれば黒の着物、ワンピース、スーツが望ましいでしょう。

葬儀に参列することはあまりないかもしれませんが、それでもあらかじめふさわしい衣服を一着準備しておくなら、突然のことがあっても慌てずにすむでしょう。ふさわしい衣服は、デパートや衣料品店などで販売されいます。ふさわしい衣服を準備したなら、それで安心してはいけません。バッグやカバンなどもきちんと準備しましょう。

バッグやカバンが衣服と全く合わなかったり、奇抜なものであるなら残念なことです。それで、衣服を準備する際には、バッグやカバンなども一緒にそろえておきましょう。衣服、持ち物に加えて、髪形にも気を配りましょう。男性であっても女性であっても、清潔感が漂うような髪形にしておきましょう。

また、長い髪の女性は後ろできちんと束ねるようにしましょう。その際には、派手な髪留めは控えるようにしましょう。ぜひ、葬儀にふさわしい装いをしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*