身近な人が亡くなった時の葬儀の流れについて

葬儀と言うと、一般的に通夜、お葬式を思い浮かべますが、葬儀は身近な人が亡くなった瞬間から始まります。現在日本では、殆どの方が病院でなくなり、医師により「臨終」が告げられると、「末期の水」を取らせます(茶碗に用意した水に新しい脱脂綿かガーゼを割ばしで挟み、故人の唇をぬらせます)。その後、死後処置として看護師さんが遺体のアルコール消毒をして、女性の場合は死化粧をしてくれます。医師に延命措置をするかどうかを聞かれた時点で、どこの葬儀社を利用するか、あらかじめ調べておき、生前予約をしておくのが一番いいのですが、できていなければまず臨終の時点で決定をして、医師に死亡診断書を書いてもらって、葬儀社の寝台車で遺体を自宅または遺体の安置所まで運びます。

できれば自宅で、故人と別れを偲ぶのがいいのですができない場合は、斎場に遺体を安置した後、近親者に連絡し、菩提寺に連絡します。僧侶の到着前にお葬式の日時、斎場、火葬場の確定をし、棺の種類、接待用飲食の種類や数、会葬御礼や香典返しの種類と数を決定します。僧侶が到着すると枕経を上げてもらい、近親者で遺体を納棺します。次が通夜ですが、通夜は本来夜を徹して、故人に付き添い線香と蝋燭を絶やさず、故人を偲ぶものでしたが、今は1~2時間程度の通夜法要を行い通夜振る舞いをして終わる半通夜が一般的です。

通夜の翌日葬儀、告別式を行います。これは一般の会葬者を迎えて行う公式の追悼行事です。式後棺に入った遺体は出棺し、火葬場に向かいます。火葬には市町村が発行した埋火葬許可証(脂肪届けを市町村に提出する発行してもらえます)が必要です。

これに、火葬場が印鑑を押して返してくれます。その後骨上げを行い、斎場に戻って還骨法要を行い、最近では初七日の法要も一緒に行ってしまいます。お葬式の後、お葬式をしてくれた会社への支払い、宗教者へのお布施、そして四十九日法要と続きます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*