海に故人を弔う海洋自然葬

樹木の下に遺骨を弔う樹木葬や、遺骨をロケットなどで打ち上げる宇宙葬など、自然葬にはいくつかのタイプがあります。メディアでも、いわゆる「終活」が気になりだす中高年向けに特集で取り上げられる機会が増えており、近年人気を集めています。その中でも海中に散骨するタイプを特に海洋自然葬、もしくは海洋散骨と言います。海洋自然葬は船で海まで出向いて散骨を行います。

遺族自らが散骨会社のスタッフとともに船に乗り込んで散骨とセレモニーに参加して故人の弔いをすることもできますが、散骨に選んだ海が生活の拠点となっている場所から遠くを希望した場合や、仕事などで散骨に参加する余裕がない場合などは散骨会社のスタッフがすべての作業を代行して行ってくれます。セレモニーでも遺族の代理として参加し、執り行いますから遺族が不参加だからと言って単純に遺骨を海に流すだけで終わることはありません。海洋自然葬をやった様子は写真撮影され、散骨を行った証明書とともにメモリアルアルバムとして遺族に送付されます。これがきちんと散骨が行われたことの証拠になりますし、遺族はメモリアルアルバムを通して故人の最後の別れの様子をうかがうことができるのです。

遺骨全てを海に散骨したくはない場合や、考え方が変わってやはり少しだけでも一族のお墓の中に入れたくなった時の場合など、遺骨を残しておきたくなった時の為に一部の遺骨だけ残して返却してもらうこともできます。少しは手元に残した置きたい場合にいいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*