増えている自然葬の基礎知識

遺体もしくは遺灰をお墓に納入するという事はせず、遺骨を細かく粉砕して散骨したり、土に埋めた遺骨上に木を植えて樹木葬にするというような自然葬を選択する方が、増加傾向にあります。 少子化により家族のスタイルが移り変わって、多くのケースで、墓守を行う人が不在状態のことや、あるいは墓の保持にはトータルコストが必要ですが、これに関する重圧感を、子ども世代に期待するのが気が進まないといったことから、自然葬に決定する人がいるのです。 さらに、自然志向の高まりとともに自然の中にいこうという捉え方で自然葬に決定するかもしれません。 自然葬に含まれるものである散骨をする場合は、事業者に委託するのではなく、遺族が散骨できてしまうので、究極的な決別をすることができます。

故人を火葬後、散骨に理想的と考えたロケーションで散骨をすることになるわけです。 海あるいは山など自然の中で散骨をするケースが、たくさん見られますが、エリアによっては散骨を規制しているゾーンもありますので、散骨する前にチェックすることが大切です。 海のケースでは、船を借り入れて散骨する実施法を採用している人が、多いです。さらに樹木葬のメリットとしては、緑に囲まれる公園と似たようなもので優しいムードがありますから、遺族が樹木葬の霊園に足を運んでも、哀愁漂う気持ちになるのではなく、安らげるようなスペースになっていることも支持されるひとつのの理由だといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*