自然葬が支持され始めている理由とは?

近年、自然葬という葬儀のスタイルが支持を集めています。自然葬とは、海洋散骨や、樹木葬などが主ですが、人は死んだら自然に還るという宗教やしきたり、ルールに縛られない考え方が人々の心をつかむのでしょう。実際は、自然葬といっても、自然の中であれば骨を自由に埋葬して良いということではありません。例えば樹木葬は、墓標や墓石のかわりに樹木を植えたり、樹木の根元に、遺骨を埋葬したりと、通常のお墓と基本的には同じです。

市などの許可を得た土地にのみ埋葬が可能で、基本的には合葬となります。維持費や管理費用はかかりますが、寺の檀家制度などが無くコストが抑えられる上、基本的に「継承者なし」でも永代供養で弔ってくれます。現代は、少子化により、継承者や墓を継ぐものが次第に減っています。その為、自然葬のような葬儀スタイルは、独身の高齢者や子供がいない人にとっては、ぴったりだと言えるでしょう。

通常、樹木葬は、公園型と山林型の2パターンがあります。どちらも、遺骨を2㎜以下に粉砕しなければならないなどの決まり事がありますので、葬儀のプロや専門家にしっかり相談をしてから決めましょう。海洋散骨は、お墓も墓標も無い為、管理費、維持費は一切かかりません。海が好きだった人や、海に関わりのある人などが海洋散骨を選択することが多いようです。

このように、コストを抑え、通常の葬儀よりも手軽に行うことができる自然葬は、現代のニーズに合ったスタイルと言うことが出来るでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*