お墓が足りない!増える自然葬

自然葬とは遺灰をお墓では無く、海や山などに帰す事で自然の循環に帰すという葬送です。日本で一般的な墓石を使うのではなく、遺骨を直接地面に帰す、墓標として人工物を使用しないという場合も自然葬として扱われます。昔は遺骨を粉砕して散骨する事を指しましたが、骨壷を使わずに直接遺骨を埋葬する事でも自然に帰るので、そうした葬送も含めてそのような呼び方をするようになって来ています。また、近年自然葬が増えて来ていますが、その背景には従来の家系を重んじたお墓の管理体制が維持できなくなって来ている事も原因と見られます。

しかし、以前は法律では認めていませんでした。1948年に制定された「墓地、埋葬等に関する法律」で「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と規定されていたからです。そのため当時は違法と受け止められてきましたが、その後、法務省が「葬送の一つとして節度を持って行われる限り、遺骨遺棄罪には当たらない」という見解を示した事で近年では葬送の選択肢の一つとして行う事も多くなってきています。この葬送の需要は圧倒的に都市部の住人が多く、核家族化に伴い各家庭で墓地を用意する事が難しくなったことで自然葬が増えていると言われています。

事実、都市部では大きな墓石を用意する事は難しく、マンション形式の納骨堂と言う形が取られる事も多くあります。こうした死後のあり方の一つとして自然葬が受け入れられて来ています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*