現代にあった埋葬スタイル 樹木葬

樹木葬とは、自然葬のひとつですが、墓をつくらず海や山など撒く散骨とは異なります。行政の許可を得た墓地や霊園に、花や木などの樹木を墓石の代わりとして埋葬する方法で、日本では1999年以降に始まった、比較的新しい埋葬スタイルです。現代の需要にあった埋葬スタイルとして、近年とても需要が高まっています。お墓は、代々家を継ぐ者が引き継ぎ守るものでした。

ところが、核家族化・離婚・子どもの減少により、墓の後継が難しくなってきています。墓は守りたいが引き継ぐ子どもがいない、夫と同じ墓に入りたくない、宗教が異なるので入れない、遠くまでいかないと空いている墓地がない、墓石を立てるお金がないなどの悩みは年々増えているようです。樹木葬は墓石を立てる墓地と比べてかなり安価で提供されており、継承者なしでも永代供養で弔ってもらうことが可能です。また、散骨とは異なり、墓地としての形は残されているので、子どもが引き継ぐことも可能であり、その地で故人に思いをはせることもできます。

さらに、樹木葬は宗教の枠に縛られることなく、人間も自然の一部であるから土にかえすという考え方の埋葬です。この考え方は、環境を壊さすことなく、自然にやさしく、エコロジーを重視する現代の志向にマッチしていると言えるでしょう。宗旨・宗派を問わずに申し込むことができます。しかし、新しい埋葬スタイルだからこそ、後世を考えない金銭目的での販売も目立ちます。

大切なことですから、契約団体・業者をきちんと選定の上、納得するまできちんと疑問点を伝えるようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*