自然葬という選択肢もあります

葬儀を行い、お墓を用意するといった流れが一般的ですが、現在ではお墓を用意しない自然葬という方法があります。自然葬は、海や山など故人が希望する場所に粉状にした遺骨をまくといったものです。もちろん、自然葬とはいえ勝手にまいてはいけません。きちんと手続きをとって行う必要があります。

従来のものとの違いは、お墓を用意しなくてもいい点です。お墓を希望しない故人ならば、選択肢として考えておくとよいです。自然葬を行う場合は、専門業者に依頼するのがいいです。細かいところまできちんと確認ができます。

この方法をとる場合、故人が生前にいろいろと動いておく必要があります。出来るならば、故人がいろいろと伝えておくとよいです。どこにまいてほしいのか、どうしてほしいのかが分からないと仮に自然葬を望んでいたとしても遺族だけでは判断できない場合があります。本当にお墓が必要ないかの意思も親戚などに伝えておくとトラブルにならずに済みます。

自然にまいてほしいならば、早めに準備をしておくとよいです。まく場所によっては確認をとらなければいけませんし、場合によっては反対する意見がでることもあります。様々な人の協力が必要になりますので、一度家族間で話し合ってみるとよいです。葬儀に呼ぶ予定の親戚にも話しておき、散骨に参加するようにお願いしておけば問題ありません。

散骨する習慣がない人が大半です。事前にどういう流れになるか、ある程度説明しておけば問題なく進めることができます。喪服のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*