人間本来の姿に戻る自然葬

自分の死後の事を考えた事ことはあるでしょうか。例えば葬儀の事や相続、また遺品整理など残された人がやるべきことは沢山あります。勿論生前に遺言という形で残される方も多いことと思います。中でも葬儀の問題が残された家族の負担になる事が多いのも事実です。

そこで生前にきちんと葬儀の内容を指示したり、また互助会に加入して残された人に負担が掛からないようにとする方も増えてきています。そこで最近では葬儀の在り方として自然葬という言葉を耳にする様になりました。自然葬とはどういった事をするのかというと、例えば山や海が好きな方は遺骨を自然に帰すという事で散骨をします。葬儀社によって異なりますが、海なら舟に乗って散骨をしたり、また山であれば決められた場所で散骨をすることができます。

ですが事前の申請が必要な事が多いので、できればきちんと手続きをしてくれる葬儀社にお願いするのが良いでしょう。ですが本人が互助会などに加入して事前に手続きをしている方も多く、家族に負担を掛けたくないという理由で自然葬にする方も多くみられます。人間最後は自然に帰るというのが本来の姿と考える方もいますが、自然葬はそんな本来の姿に戻す理にかなった見送りのやり方と言えます。また散骨のやり方で骨を大気圏まで運ぶ宇宙葬というのもあります。

葬儀は本人と遺族が満足のゆくやり方で行いたいものです。また自分の死後の事を考えてみるのも良いことかもしれません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*