自然葬を行う際の基礎知識や手順

自然葬とは、海や山などに遺灰や遺骨を還すことで、自然に回帰して欲しいという考えのもと生まれた埋葬方法の一つです。近年の日本では、核家族化により墓の管理が維持できなくなっている現状により、この自然葬を望む風潮が強くなってきました。自然葬には、大きく分けて海洋散骨、樹木葬の2種類があります。海洋散骨とは、砕いた遺骨を海に撒く方法で、遺族が単独で行う方法、複数の遺族が同じ船に乗り合わせて散骨を行う合同散骨、あるいは業者に委託することにより遺族は立ち会わない場合があります。

樹木葬は、遺骨を地中に埋め、その上に樹木を植えることで墓標とする手法です。遺骨をそのまま埋めるのではなく、砕いた遺骨や遺灰を撒くので散骨と表記しています。日本の法律には、「遺骨遺棄罪」という法律があるので、上記の散骨を実施する際には、3ミリ以下にの粉末状に砕かなければいけません。そして、私有地などに撒く場合は、その土地の所有者に許可を得なければいけません。

土地の所有者に迷惑がかかってしまうことや、海であれば漁場などであればクレームを受ける可能性も考えなければいけません。散骨後の供養について、一般的な埋葬とは違うので、遺骨が失われる可能性があります。その際の対応として、一般的には遺骨を全て散骨するのではなく、遺骨の一部を小さな骨壺や身に着けるもの(ペンダント等)に入れておく手元供養という方法があります。これらの散骨方法は、従来の墓石を購入する費用や、墓の管理を考えるとより現代の日本の社会に合った埋葬方法とする傾向があります。

自然を愛する考えから、墓地造成による自然破壊も防ぐことができるという考えもあります。故人の遺志の尊重と、遺族の自己決定の元しっかりと考えて自然葬を行ってください。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*