墓標を立てない自然葬を自分の意志で決める

自然葬に興味を持つ人が増加しているというニュースをよく耳にします。その理由のひとつは、自分の老後や死後は自分の意志が反映されるようにしたいという希望をもつ人が多くなったことです。少子高齢化などの理由で、先祖代々のお墓を守る子孫がいなくなってしまうということもありますが、たとえ子供や孫がいたとしても自分は自由の身であの世に行きたいと考える風潮のようです。また、夫や妻と同じお墓に入ることに嫌悪感を抱く人もいれば、特に「嫁」という立場の女性には会ったこともないご先祖と同じお墓に入ることはイヤだと感じていることも事実です。

自然葬に人気が集まっているのは、そんな人たちの嫌悪を開放に導くものだからでしょう。自然葬にはいくつか種類があり、特に人気になっているのは樹木葬です。広大な墓地や霊園に樹木が植えられ、その下に処理をほどこされた遺骨が埋葬されます。自然葬の特徴は墓標を作らないことですから、自分だけでなく他の人も亡くなった後に合同で埋葬されることもあります。

自分一人の埋葬が希望であればまた別の形の自然葬になりますが、樹木葬は季節になれば花が咲くところが評価され、合同埋葬でも構わないという人が多いようです。亡くなった後とはいえ、自分の安住の地になるわけですから、いくつもの樹木葬候補地をバスでめぐって比較するツアーまであります。自分のことは自分で決めたいという、前向きな気持ちに添った埋葬方法なのかもしれません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*