お墓を建てなくても大丈夫、自然葬とは

少子化や地方の過疎化などが原因で、お墓を守る方も少なくなっている最近、「自分がお墓を建てても後々守ってくれる人がいないかもしれない、無縁仏になるかもしれない…」と死後に関して大きな不安を持っている方もおられることでしょう。そのような場合には、「自然葬」を検討してみるのも、一つの手ですよ。「自然葬」とは、従来のように墓石を建てる方法はとらず、例えば霊園の花壇などに、名前を刻んだ小さなプレートとともにお骨を埋葬するような方法です。霊園によっては、名前入りのプレートも無い場合もあるようです。

花壇に埋葬する他にも、桜などの樹木の下や、眺めの良い山頂、草原など、霊園を管理している場所によって、自然葬を行える場所は変わってきます。自然葬で葬儀を行うことによる一番のメリットは、やはり大きな墓石を管理する必要がないということです。お墓が花壇や樹木といった自然の一部となるため、とくに、墓石を磨いたりお花を備えたり、といったことはする必要が無くなります。もしも自分の死後にお墓を管理する方が居ない、という方でも安心ですね。

また、墓石を購入する必要もなく場所もそれほど大きい面積を要さないことから、埋葬料金もそれほど高価ではありません。個人個人で埋葬する方法の他にも、大きな樹木の下に合同で埋葬する方法をとれば、さらに埋葬料金は安くなります。「お墓は、なるべく安く、また管理のしやすいような方法にしてほしい」というような方に、自然葬はとくにおすすめです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*