家族だけの葬儀の注意点

最近、家族だけで葬儀を行う家族葬が増えています。最後はゆっくりと家族だけで過ごしたい、華美な葬儀をしたくない、というのが主な理由のようです。ただし、この家族葬、家族以外の人達への対応をきちんとしないと後でやっかいなことになりかねません。故人が生前生きていたのは家族の中だけではありません。

親族、会社、学校、友人関係など、家族以外の社会の中でも色々な人々と関係をもっていたわけです。家族が一番故人を大事に思っていたのはもちろんですが、周りの人々もそれぞれ故人を思う気持ちがあるのです。お別れをする場がない人々は、故人に対する思いをもっていく場を失ってしまいます。結果、後で家族が非難されることがあります。

また、改めてお参りしたいと家を訪問してくることもあります。そうすると、家族はその都度対応しなければいけなくなり、逆に葬儀をして1回で済ませたほうがずっと楽だったと思う人も少なくないようです。家族葬を行う場合は、必ず他の人々への配慮を忘れないことがとても大切です。できれば生前から誰に、どんな方法で連絡をするかを決めておきましょう。

可能であれば葬儀とは別に食事会でも構わないので、偲ぶ会などを開くのもひとつの方法です。故人の希望、家族の希望、周囲の人々の希望はそれぞれ違うかもしれません。しかし、人生の最後の大事な葬儀です、本人も周りも納得して満足するものにしたいものですね。そのためにも、情報を集め家族などと事前に話し合い、自分の希望を文章に残しておくことよいでしょう。

ブラックフォーマルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*