葬儀会社の役割はどのような

葬儀というと葬儀会社と思い浮かべますが、その会社の役割はただ儀式の進行役だけではありません。それは喪主、親族の人たちが行って行くものです。実際ではたしかに相談に乗り、進行をするというのはあります。家族の方の悲しみや、急に起きたことによる混乱や、自分たちが故人を送るという葬儀にどのように対応すればいいのか分からない時などに対してのサポートはします。

普通はどうすれば良いのかわからない人が多いのでそれは専門とする人たちはいろいろと教えてくれる立場です。また、亡くなったという事で考えもまとまらないくらい動揺などしている家族に、何か問題が起きた場合には相談役、調停役として、遺族を支えて助けるのです。秩序正しくとりおこなわれていくように進めることがプロとしての大きな仕事になります。それは儀式の中に起きる普段では考えられない様々な事柄から、正しい道を教えてくれるのです。

その亡くなった方のお別れに必ず必要な仕事になるのですが、社会からの目には厳しいものもあります。人が死んでから始まる利益を出す仕事に対しての戸惑いでもあります。しかし、葬儀会社の人がいなくては現代の葬儀は行えないようになってきています。以前のように濃密な地域社会でのお別れでしたら、それを取り仕切る人もいました。

が、現在の状況はそれを知る人もいません。経験上何度か立ち会った人がいてもそれを実際に伝えて教える人もいません。知らない人達が集まっても混乱するだけになります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*