知らなかったでは済まされない葬儀のタブー

生きとし生けるものは、いつか必ず「死」が訪れます。人間の場合は、その死が訪れた時に葬儀が行われます。人間はいつ亡くなるか分からないため、いつ葬儀に参列することになっても慌てないように、あらかじめ「タブー」について確認しておくとよいでしょう。特に、社会人になって「こんなこと知らなかった」という言い訳は一切通用しません。

知っていて損になることは一切ないため、社会人の一般常識として頭に入れておきましょう。まず、葬儀に参列する際、お香典に使うお札は必ず使い古したものを用います。ピン札を使ってしまうと、わざわざ銀行に行って葬儀に向けての準備をしたと捉えられかねないため、お香典は必ず使い古したお札を用いるようにしましょう。また、女性の場合は美容院に行って身だしなみを整えたり、派手な化粧をすることは控えましょう。

あくまで悲しみの場であることを十分に理解し、他の参列者が不愉快にならないように配慮しましょう。そして、ついついやってしまうミスが「忌み言葉」です。不幸が重なることを連想させる「重ね重ね」や、「浮かばれない」「迷う」「苦しむ」などといった言葉は、葬式や通夜の場面では絶対に使ってはいけません。さらに、身だしなみに関連してアクセサリーの選択にも注意が必要です。

派手できらびやかなアクセサリーは大変失礼にあたるため、何も付けない、もしくはパールで統一しましょう。最後に、訃報を聞いて亡くなった人のもとへ駆けつける時は、あらかじめ準備してたことを連想させるため、決して喪服で行ってはいけません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*