身体への負担を抑えるスポーツサポーター

  • スポーツサポーターの必要性

    • スポーツサポーターは、各種スポーツで重宝される縁の下の力持ち的アイテムです。
      ところが特にこれからスポーツをはじめたいと考えている人に、その必要性が意外と知られていません。

      スポーツサポーターは、主にケガの予防に役立つアイテムです。
      ですからサポーターを装着したからといって記録が飛躍的に伸びたり、勝率や順位が向上したりという魔法のような現象は原則起こりません。

      スポーツサポーターは肘や膝、肩など比較的大きな関節の部分に装着されることが多いです。
      ケガしやすい部位といえば、関節はその代表であることにおそらく思い当たるでしょう。

      ですからこれは非常に理にかなった装着部位なのです。

      たとえば、転んで膝や肘を打った場合、スポーツサポーターの有無でケガの程度が大きく変わってきます。

      関節をつくっているのがじん帯ですから、転倒時の衝撃の程度によっては、じん帯を損傷する大きな危険をはらみます。

      スポーツサポーターについて調べるなら、こちらをご覧ください。

      じん帯を損傷すれば、損傷の程度にもよりますが、治療にはそれ相応の時間がかかります。
      もちろんリハビリの時間も必要になるわけですから、再びスポーツに本格復帰するためには、そこからさらなる時間を必要とすることになるでしょう。



      そういった意味では、ケガを最小限に抑えそのスポーツからの長期離脱を防ぐという重要な役割を、スポーツサポーターは担っていることになります。



      プロ・アマチュアを問わず多くのプレーヤーがサポーターを装着する理由が、そこにあるのです。

top