身体への負担を抑えるスポーツサポーター

  • スポーツサポーターの種類やフィット感について

    • スポーツサポーターにはいくつかの種類があり、用途に合わせて選ぶことが重要です。

      種類によって効果や最適なスポーツも異なってきます。

      筒形だと手軽に装着が出来て比較的価格も安く、固定する力は程よいですがズレやすいのが特徴です。

      バレーボールに向いていてプレイしていても支障が出にくく、バレーは膝を曲げる動作が多いですがベルト型だと思ったように曲がらないのでプレイがしにくいです。

      筒形なら適度に曲げられて痛みも軽減出来ます。ベルト型のスポーツサポーターは、装着した部分を固定できるので痛みを軽減出来ます。


      筒形より固定力が強く、筒形だと痛みが出るときにおすすめです。

      ベルトでしっかり固定出来ますが、色々なベルトの付け方がありそれを学んでおく必要があります。

      スポーツサポーターの最新情報が揃っています。

      正しい巻き方が出来ないとしっかり固定が出来ないでメリットが得らません。

      このタイプは極端に膝を曲げることがないサッカーに最適です。保温タイプのスポーツサポーターは、筒形に備え付けられていることが多くて幹部が冷えることを軽減出来て、症状を悪化するリスクを下げます。



      寒い季節に装着すると防寒対策にも使えて、保温タイプは汗を吸収して発熱する加工があるタイプもあって、スポーツを行う時にもおすすめです。

      ただ、夏だと蒸れてしまいストレスが溜まることもあります。



      選ぶときにはフィット感も大切で、最初に自分にフィットさせられるかを確認します。
      サポーターは装着した部分の可動域を制限することで効果が得られますが、サイズ感があってないと部位を固定できずに可動域を制限できません。そのため膝を痛めていても痛みを和らげることも出来ず、完全に治るまで時間がかかります。


top